自分だけのオリジナルラベル/タグを作る簡単で安価な方法

手芸やクラフトなどをやっている人は、自分だけのオリジナルラベルをもう持っている人もいるんじゃないでしょうか。作ったものを販売する・しないに関わらず、オリジナルラベルがあると、制作意欲も上がりますし、自分の作品もワンランクアップして見えたりしていいですよね。

今回はオリジナルラベルを作るうえで、簡単で安価にできる方法があったのでご紹介します。

howto_own_labels01

必要なもの

  • アイロン転写紙
  • プリンター
  • はさみ
  • アイアン
  • リボン(ツイルテープなど好きなもの。アイロンを使用しても安全であることを確認してください)
  • 保存しておくためのビンまたはコンテナ

作り方

1 )KeynoteやPowerpointなどを使い、列になるようにあなたのロゴを配置。ラベルが正しいサイズになるように何回かテスト用紙でプリントアウトすると良いでしょう。
イメージを裏返します。(ここれはこのステップを忘れて、転写紙を無駄にしてしまった。)

あなたがMacを使用している場合は、Keynoteを使用すると良いでしょう。Mac用のパワーポイントは、ロゴの反転イメージを作成する”フリップ”機能を持っていません。パッケージの指示に従って、転写紙に印刷します。
howto_own_labels02

2 )リボンをカットし、転写紙からラベルを切り取ります。ここでのリボンは、3インチ(約7.5cm)の長さで約1インチ(約2.5cm)幅でした。折る部分と縫い込む部分用に、余分に長さを取っておきます。
howto_own_labels03

3 )アイロンの電源を入れて、ラベルをリボンに配置します。ちょうど半分に折った時に表面になるように、表側の真ん中より少し下に配置する必要があります。ここでは、一度に同時に5つほど行えることがわかりました。
howto_own_labels04

4 )リボンがアイロンにくっつきます。リボンが熱くなっているので火傷するかもしれないと思うときは、数秒待って、完全に冷めてから裏紙をはがします。ここではそれらを上に残しておき、ラベルを使用する際に剥がすようにしました。
howto_own_labels05

余分なラベルとアイロン転写した紙をビンに保管しておきます(同様に水平方向のラベルを作ることができるので、ここではいくつか別のものを保持しています)。
howto_own_labels06 howto_own_labels07

オリジナルラベルは敷居が高いと思っていた方、この方法だと簡単にオリジナルラベル・オリジナルタグが作れます。
まだオリジナルラベルを作ったことがないという人は、ぜひ参考にしてみてください。