自分でデザインする洗い流せる一時的なTATTOO(タトゥー)の作り方

一時的なタトゥーシートにオリジナルのタトゥーをデザインして一時的なタトゥーを自分で作る方法を紹介します。今回は自分で描画する方法ですが、プリンターで印刷してもいいです。

参考サイト: How to Create Your Own Temporary Tattoo: 8 Steps – wikiHow

タトゥーを入れようと考えている方は、実際に入れる前にイメージする為にこの方法を試してもいいですし、一時的なタトゥーとして使うのももちろんOKです。子供へのオシャレとしてもいいですね。

1: このタトゥーは1日~数日間肌についているので、本当に欲しいデザインを付けてください。
ネットで画像検索するとたくさんのタトゥーのデザインが出てきますので、新しいアイデアを得るにはとてもいいです。
この記事で使っているのは市販のタトゥーシートとゲルインクペンなので、誰でも簡単に手に入れることができます。

2: デザインを描画するために暗めの色のゲルインクペンを使用します。完了後にゲルインクが紙からお肌にすぐに転送されます。
簡単に言うと、ゲルインクペンを使ってトレーシングペーパーパーチメント紙にデザインを描きます。市販のタトゥー用紙を使用してもいいです。インクを十分に使って描きますが、インクが流れるほどになるような必要はありません。
temporary_tattoo01

3: タトゥーをした場所を見つけます。自分自身で簡単にできる場所を選びましょう。もし自分でできない場合は友達などに手伝ってもらいましょう。
temporary_tattoo02

4: 布(ハンカチなど)をぬるま湯に濡らします。
temporary_tattoo03

5: タトゥーをしたい場所にデザインした紙を置きます。濡れた布でタトゥーのデザインを約30秒間しっかりとを押さえます。
temporary_tattoo04

6: 完全に肌に転写されているか確認してから、ゆっくりと慎重に紙を剥がします。転写されていない場合はもう一度数秒間塗れた布で押さえて完全に転写されるようにしてから剥がします。
temporary_tattoo05

7: すべて紙を剥がし終わったら、乾かします。体の一部や衣類などでこすれないように注意しましょう。
temporary_tattoo06

8: そのタトゥーは1日~数日しか持ちません。注意:一度水に濡れるとすぐにタトゥーが剥がれやすくなります。
temporary_tattoo07

このようにゲルインクペンを使わなくても、PCでデザインしてからプリンターで印刷してもできます。子供と一緒なら、子供にお絵かきさせてもいいですね。

関連商品