スプーンで作るシルバーリングの作り方

自宅にあるスプーンでおしゃれなシルバーリングが作れます。ここではスプーンで作るリングの作り方を紹介します。

spoon_ring01
参照サイト:Through the Front Door: spoon ring tutorial
スプーンは柄の部分にデザインがされているタイプのものを選びます。

必要なもの:

  • 好みのスプーン(またはフォーク) – 純銀であることを確認してください
  • 金属カッター、弓のこ、またジュエリー用のこぎり
  • やすり またはサンドペーパー
  • リング­芯材 または木芯棒(リング棒)
  • ペン
  • ハンマーか木槌(オプション)
  • ガスバーナー(オプション)

spoon_ring08
1: 最初にあなたが作りたいリングの種類を決めます。指を包み込むタイプ(上画像左と右)か、リング端を入れ込むタイプ(上画像中)を作ることができます。これ以降、包み込むタイプをタイプ1、入れ込むタイプをタイプ2とします。

spoon_ring02
spoon_ring03
2: 作るタイプを決めたら、好みの銀食器を選びます。参照サイトでは、地元のリサイクルショップで10セントで購入されたそうです。銀食器を買いに行くときは、ステンレスシルバーではなく純銀であることを確認してください。ステンレス製のフォークだとうまくできません。純銀製のものは、裏に”900″または “925”と記載されています。

spoon_ring04
3: 次にあなたの指を測定します。簡単な方法の一つは、単に細長い紙を指のまわりでに巻き、それが重なってるところに印をつけます。タイプ2のリングを作っている場合は、重複する部分用に余分に1/4ほど追加します。タイプ1のリングを作っている場合は追加しなくていいです。

spoon_ring05
4: 次に、のこぎりや金属カッターが必要になります。タイプ1を作っている場合は、重複する余分の部分を含めて柄の部分を切ります。タイプ2の場合は、ステップ3で測定した長さ柄を切ります。

spoon_ring06
5: 切り口に金属製のヤスリまたは粗い目のサンドペーパーのいずれかをかけます。滑らかな仕上がりにするために、目の細かいサンドペーパーで仕上げると良いです。

spoon_ring07
6: スプーンを曲げます。これにはいくつかの方法があります。リング­芯材または木芯棒(リング棒)を使ってハンマーで叩くか、曲げる前にバーナーなどで加熱したりして曲げていきます。参照サイトでは純銀製のものは手で曲げることができたそうです。

ハンマーを使用する場合、ハンマーの頭の周りにいくつか布を巻いて、安全のために柄がゴム製のものをお勧めします。これは傷から金属を保護するのに役立ちます。
また加熱する場合は、しばらくの間それを加熱する必要があります。しかし、オレンジ色に輝るほど加熱しないでください。

7: この最後のステップはオプションですが、お好みで光沢のある仕上げにリングを磨いてください。

spoon_ring01

このリングの作成に関してわからないことがありましたら、参照サイトへお問合せください。
自分好みのオリジナルリングライフを楽しんでくださいね。