ランヤードを使ったストラップダブルチェーンブレスレットの作り方

ランヤードを使ってチェーンブレスレットを作るチュートリアルです。ランヤードはビニールの紐で、アメリカやハワイで流行っている素材です。作り方はとても簡単です。

doublechain_bracelet01

参照サイト:studs and pearls: diy: Lanyard Double Chain Bracelet
必要なもの

  • チェーン あなたの手首の倍の長さ
  • ランヤード 1-4色 ※
  • はさみ
  • ジュエリーペンチ
  • 丸環(マルカン)
  • トグルや留め具

※ランヤードとは、ビニール(プラスチック)の紐のことです。リリアンみたいなもののビニール版と思ってもらえばわかりやすいかもしれません。いろんな編み編み方法があり、アメリカやハワイでは大人気。ランヤードはクラフト店で取り扱ってると思いますが、まだ取り扱ってるところは少ないかもしれません。
ネットでちょっと調べたら、下記のオンラインショップで取り扱いがあるようです。
ランヤード・素材・材料・プラスチック紐・REXLACE 販売専門店
Hawaiian Lanyard ハワイアン ランヤード
– mother_wave ribboncraft RibbonLei&CroshetLei Making WEBSHOP

doublechain_bracelet02

1: 各ランヤードを約60インチ(約150cm)にカットします。
doublechain_bracelet03

2: 半分に折り結び目を作ります。下の写真のように各紐を離します。
doublechain_bracelet04

3: チェーンを半分に折り、中央に2つの紐を挿入します。各サイド各色ずつになるようにします。
doublechain_bracelet05

4: 外側の青ひもを取り、チェーンに内側から通ます。(チェーンの後ろから紐が出てるようにする)
doublechain_bracelet06

5: そのまま巻くように次のチェーンに通し、キツく巻いていきます。
doublechain_bracelet07

6: 最後まで巻き終えます。
doublechain_bracelet09

7: 内側の青ひもを取り、外側から内側になるようにチェーンに通します。
doublechain_bracelet08 doublechain_bracelet10

8: 最後になるまで繰り返し続けます。きつく巻いていきますが、ここに後でグリーンのひもを織り込むので、あまりにもきつく引っ張りすぎないようにしてください。
doublechain_bracelet11

9: グリーンのひもを取り、ステップ5と6でやったように同じようにして巻いていきます。
doublechain_bracelet12

10: 最後になるまで続けます。
doublechain_bracelet13

11: 内側のグリーンひもを取りチェーンに通した後、近くのブルーひもに通し、またチェーンに戻って通します。逆巻きでやるとと通しやすいです。
doublechain_bracelet14
doublechain_bracelet15 doublechain_bracelet16

チェーンに全部通していきます。キツく引っ張りながら最後になるまで繰り返します。
doublechain_bracelet17 doublechain_bracelet18

12: 両側が完了したらキツく縛って結び、不要部分を切り取ります。
doublechain_bracelet19

13: マルカンを通し、お好みでブレスレットの端を閉じます。
doublechain_bracelet20

14: ブレスレットの逆側に戻って、結び目をほどき、同じようにキツく結んで不要部分をカットします。
doublechain_bracelet21

15: もう片方の止め具を取り付けたら完成です。
doublechain_bracelet22 doublechain_bracelet23

日本ではあまりなじみの無い素材ですが、プラスティックなので水に濡れても大丈夫ですし、手で編めるので、これから流行るクラフト素材ではないでしょうか。手芸店などで見つけてみて挑戦してみてくださいね。