おもしろ実験!重曹&酢で風船を膨らませよう!

風船を使ったおもしろ実験を紹介します。重曹と酢を使って、風船を膨らませましょう!!子供ができるので夏休みの実験としてもいいですよ。

balloons_blowup01

必要なもの

  • 重曹
  • ペットボトル
  • 風船
  • じょうご(今回は2つ使用しました)

balloons_blowup02

実験

1: じょうごを使用し、ボトルの中に約1/3ほど酢を注ぎます。
balloons_blowup03 balloons_blowup04

2: 別の乾いたじょうごを使用し、風船に重曹を約1/2ほど注ぎます。
balloons_blowup05

3: 重曹を入れた風船をボトルの口に取り付けます。途中で重曹がボトル内にこぼれないように注意してください。
balloons_blowup06

4: 準備ができたら、風船を持ち上げて酢に重曹を落下させましょう。
5: 混ざったら泡とともにガスが発生し、風船を膨らまします。
balloons_blowup07 balloons_blowup08

これを繰り返して、子供たちが飽きるまで楽しんでください。

balloons_blowup09 balloons_blowup10
balloons_blowup11 balloons_blowup12

[ プロセスについて ]
重曹と酢は酸塩基反応を作成します。組み合わせ/混合したとき、二酸化炭素のガスを生成します。二酸化炭素がボトルに充満するので、それに風船を取り付けると風船が膨らむ仕組みになります。

補足:この実験は、ヘリウムガスは生成しません。二酸化炭素ガスは風船を膨らませるでしょうが、それはガスと同じ種類ではないので、できあがった風船はヘリウム風船のように”飛ぶ”ことはありません。これは、一種の科学実験/デモです。

実験後、子供たちと、重曹と酢が風船を埋めるガスを生成する方法について話し合うと良いでしょう。
この夏休みの化学実験に試してみてくださいね。
See you♪