タンクトップをリメイクして作るDIYマキシドレス

着なくなったTシャツやタンクトップを使って、リメイクマキシドレスを作りましょう。
このチュートリアルは、シャーリングにゴムのミシン糸を使って縫うので、難しいゴムのミシン縫いがなく簡単にできちゃいます。

maxi_dress01 maxi_dress02

必要なもの

※必要になる生地の長さは、体のサイズによって異なります。お店で生地をハイウエストに巻きつけて、約1.5巻きほど+帯用に余分に布をプラスしてカットしてもらってください。
長い丈のドレスも短い丈のドレスも同量の長さを使います。
maxi_dress03

作り方

STEP1:
タンクトップをカットします。
長さは、自分がスカートを取り付ける箇所の好みの長さにカットしてください。ここでは縫い代を含め、ハイウエストぎみにカットしています。

STEP2:
ロングドレスの場合:生地を開き、ドレスのスカート部分を配置したい場所からスタートし、ウエストまわりに1と1/2回巻き付け、残り布をカットします。

ショートドレスの場合:半分に折り畳まっている生地をそのまま保ち(お店で購入時に折ってもらったまま。折られていない場合は半分に折る。)、同じように巻きつけて残り布を切り落とします。折ったままに保っておきます。
maxi_dress04 maxi_dress05

STEP3:
ロングドレスの場合:スカートを作るために、表面を一緒にして布を半分に折り、長い辺を縫います。

ショートドレスの場合:生地は既に折り畳まれているので、両サイドが表面となるように、そのまま半分に折り、サイドを縫います。
maxi_dress06 maxi_dress07

STEP4:
ここでゴムカタン糸を使います。
ボビンに糸を通したゴムカタン糸と、上糸は通常の糸を使用します。ボビンにゴムカタン糸を巻く際は、手で糸を緩くボビンまわりに巻いていきます。きつく巻かないようにしてください。

下糸にゴムカタン糸、上糸に通常の糸を使用し、スカートの上部周りを縫います。

ショートドレスの場合:折り畳まれた側はスカートの下になるので、処理されていないエッジ側を縫います。

縫い始めると、生地がシャーリングしていきます。
maxi_dress08 maxi_dress09

STEP5:
縫い終わると、このようになります。(写真左)

両方のドレスに:次のステップの前に、最初のステップで縫った処理されていないエッジが外側になるように、内側に返します。
次に、表面を上にしてタンクトップをスカートに差し込みます。(写真右)
maxi_dress10 maxi_dress11

STEP6:
スカートとタンクトップをピンで留めます。長い縫い目がタンクトップの背中の真ん中にくるようにします。最初にそこにピンを留め、その後周りに留めていくといいでしょう。
シャーリング作業の良いところは、完璧にする必要がないということです!(笑)
maxi_dress12

STEP7:
ピンを全て留めたら、下糸をゴムカタン糸、上糸を通常の糸で、再度縫います。
その後、ウエスト部分の多すぎる布を、気をつけながらトリミングして整えます。

STEP8:
この時点で、ミシンの下糸を通常の糸に切り替えます。

ロングドレスの場合:好みのスカートの長さで、裾を折って縫います。
ショートドレスの場合:袋状になっているので、そのままでOKです。
ここでは少し短くしたかったので、裾を折り上げ縫っています。

これで、ドレス部分が完成しました!

STEP9:
縫い目をカバーするために飾り帯を作ります。生地から好みの長さに飾り帯をカットします。ここで行ったように、必要に応じて、布をつないで長い布を作ります。

STEP10:
表面を一緒にして、半分に折ります。長い辺と一方の短い辺を縫います。
maxi_dress13 maxi_dress14

STEP11:
飾り帯を表面に返して、最後の端の切り口を中に折り、一緒に縫います。これで飾り帯ができました。
maxi_dress15 maxi_dress16

腰に飾り帯を結んで、完成です!太いベルトもドレスに似合いますよ!
maxi_dress17 maxi_dress18

ヒント1:保管する際、ハンガーに掛けて保管すると、布の重さでタンクトップを伸ばしてしまう可能性があるので、畳んで保管すると良いそうです。

ヒント2:ゴムカタン糸を縫うのに、慣れないと大変かもしれません。ゴムカタン糸の縫い方を丁寧に説明した日本語のサイトがありましたので、そちらが参考になるかもしれません。
ゴムカタン糸deシャーリングの巻き

ミニバージョン

ミニもなかなかかわいいです。
maxi_dress19 maxi_dress20

トロピカル柄

柄を変えるだけで、こんなにも夏っぽくなります。
maxi_dress21 maxi_dress22

自分が選んだ布の柄によって、イメージがだいぶ変わってきますね。
夏にピッタリのマキシドレス。お好きな柄の布を使って、自分好みのマキシワンピドレスを作ってみてください。