巻きスタイルのスエード&チェーンブレスレットの作り方

スエードとチェーンのブレスレットは、最近とても人気になってきました。しかし、お店で購入するとなるとそれらはかなり高価なので、自分で作っちゃいましょう!今回は巻きスタイルのシンプルスエードとチェーンブレスレットの作り方を紹介します。

wrapstyle_suede_chain_brecelet01

必要なもの

  • 喜平チェーン 2フィート(約61cm)
  • リボンまたはスエードひも 2.5フィート(約76cm)
  • ビーズ(大穴付き) 2個

作り方

1:最初にスエードひもとチェーンブレスレットを測ります。今回はブレスレットを二重巻きに作ってるので、手首周りの倍にした約14インチ(約35.5cm)にチェーンを測っています。(個人差があると思うので、自分の手首周りを測って倍の長さにしてください。)
スエードひもの長さは、チェーンの長さの約2倍長くします。ひもを手首に追加で巻くためと、結ぶ用に2倍の長さにしています。

2:スエードひもを取り、端を約7インチ(約18cm)残して、チェーンの最後にそれを結びつけます。7インチは、結ぶ為用になります。

3:7インチを残してスエードひもをチェーンに結びつけ、ウェーブ状に織り始めます。チェーンの各スペースにひもを内側と外側にそれぞれを通していきます。

4:最後まで来たら、チェーンに別の結び目を作り留めます。

5:仕上げに両端にビーズを追加し、結び目で留めます。(必要ではないですが、あると素敵です)
wrapstyle_suede_chain_brecelet02
これで完成です!

このようなスウェード&チェーンブレスレットは、いろんなバリエーションを作ることができます。
ちょっと編み方を変えると、こんなブレスレットもできます。下の画像のブレスレットは、2つのチェーンをカフ状にするため束ね、同じようにウェーブ状に編みこんだものです。
wrapstyle_suede_chain_brecelet03

アイデア次第で、また違ったスウェード&チェーンブレスレットができますね。
編み込みブレスレットの作り方はいくつかあるので、他のブレスレットの作り方も見てみてください。