ビーチサンダルをリサイクルして紐巻きサンダルにする方法

今回のサンダルリメイクは、紐巻きサンダルに変身します!
古いビーチサンダルや、壊れてしまった、もしくは引っ掛ける部分が痛くて使えないサンダルも、リメイクして変身させちゃいましょう。

recycle_old_flipflops01
recycle_old_flipflops02 recycle_old_flipflops03

必要なもの

  • 古いビーチサンダル
  • フェルト
  • 接着剤
  • コットン生地
  • 接着芯
  • ミシン

作り方

1:サンダルから古いストラップを取り除きます。
recycle_old_flipflops05

2:裏が損傷している場合は、接着剤で修復し、乾燥させます。
recycle_old_flipflops06

3:透明な紙に底の輪郭を、少し小さめに描きます。
recycle_old_flipflops07

4:型取った輪郭でフェルトをカットし、縫い付ける箇所のところに印をつけておきます。
recycle_old_flipflops08

5:細い紐を使い、2つの指の間でピンを打ちます。そして足を入れて縫う箇所の長さを測ります。
recycle_old_flipflops09

6~7:ここではストラップの作り方を解説します。が、作らなくてもリボンや市販のひもを使っても良いと思います。

布の中に、接着芯0.6インチ(約1.5cm)、その上にコットン生地を乗せて1インチ(約2.5cm)でミシンをかけます。
このように複雑に見えるようにしているのは、付け心地を重視しているためで、接着芯もコットン生地も、いらなければ省いて、単に細長いひもを作るだけでも良いと思います。もしくは市販の紐を使えば、もっと簡単です。
recycle_old_flipflops10
recycle_old_flipflops11

8:写真のように、片面をジグザグ縫いで、1.5cm幅に出来上がります。
recycle_old_flipflops12

9:ストラップを2つの指の間のマーク箇所に縫い付けます。
下から0.8インチ(約2cm)箇所に2つの紐を一緒に縫い目を付け、結合させます。
同じく印をつけた全ての箇所でひもを縫います。
recycle_old_flipflops13

10:接着剤でフェルトを底に付け、乾燥させます。
recycle_old_flipflops14

完成です!
recycle_old_flipflops04

紐巻きタイプのサンダルもかわいいですね!底だけあるという方は、ぜひリメイクしてみてください。