DIY写真撮影用ライトボックス / より良い写真を撮るために!

ネットで何かを販売するといった場合、商品を撮影すると思いますが、この撮影時にもっとも重要な部分は何だと思いますか?そう、照明です。
部屋に撮影スタジオがあるなんて方はめったにいないと思いますが、完璧な照明のために、撮影用ライトボックスの作り方を紹介したいと思います。

DIY_Light_box02

必要なもの

  • 三つ折りのディスプレーボード(厚紙)、またはダンボール 2つ
  • 白のポスターボード
  • マスキングテープ
  • 白のモスリン生地
  • 定規
  • カッターナイフ
  • カッティングマット
  • 接着剤
  • はさみ
  • 自然光電球の光源

作り方

三つ折りの板の両側に2インチ(約5cm)の枠をカットします(両側と背面)。ボックスの前面(写真を撮る部分)を1インチ(約2.5cm)の縁を残してカットします。切り取った部分を使用して、ライトボックスの底を追加します(または段ボール箱を使っている場合、それを行う必要はありません)。
DIY_Light_box04
DIY_Light_box05
定規とカッターナイフを使用して、キレイな切り口にしてください。
あなたは、下の写真のものを2枚持っている必要があります。
DIY_Light_box06
DIY_Light_box07
ボックスを形成するために、マスキングテープを使用して2枚をくっつけます。接続部分へ余分なダンボールで補強しておきます(それも白段ボールをテープでカバーします)。ボックスに収まるようにホワイトポスターボードをカットし、背景のカーブを形成します。
下の画像のように、ボックスの背面を継ぎ目がないようにします。
DIY_Light_box08
最後に、白いモスリン布で2つの側面と背面を覆い、マスキングテープで取り付けます。
写真を撮る時に黄色に発光するのを防止するために、”自然光”の電球とランプを使用してください。
DIY_Light_box09

こんな感じで撮影できます。
DIY_Light_box01 DIY_Light_box10

白のポスターボードを使うとありますが、印刷用紙でもいいと思います。ただ訳しただけなので、ページ表記が分かりずらいかもしれません。
しかも日本にある素材と表記が若干違っているので、どの素材を使っていいか悩むところだと思いますが、写真のような装置ができれば完成です。

この撮影ボックスでは、比較的小さなものを対象とした撮影ボックスですが、必要に応じて大きく作成すれば良いと思います。小さいもののみを扱っている場合は、このボックスで十分だと思います。

商品を販売するにあたって、写真写りはかなり重要になってきます。簡単なものでも、撮影ボックスを使用して撮影したものと、そうでないものでは、明らかに見た目が変わってきますので、こういった撮影グッズは必須になってくるでしょう。