ランヤードで作るハリケーンブレスレット

今回は、ランヤードを使った厚みのあるブレスレットの紹介です。子供の頃これを知っていたら、絶対に夢中になっていたこと間違いなしです!

Hurricane_Bracelets02

必要なもの

  • ランヤード
  • はさみ
  • 留め具

Hurricane_Bracelets03

作り方

ブレスレットになる長さを2本カットします。(ここでは黒とオレンジを使っています。)
黒のひもを留め具に通し、真ん中にもってきます。
Hurricane_Bracelets04
指で前面と背面を包み込みます。
Hurricane_Bracelets05
オレンジのひもを2本の黒ひもの下に通し、オレンジ色のひもの真ん中にもってきます。
Hurricane_Bracelets06
次にオレンジの右端を取り、前面の黒ひもの下に、左端を取り、背中の下にそれぞれ通します。
Hurricane_Bracelets07
ゆっくりと引っ張り、結び目を作ります。
Hurricane_Bracelets08
次に、オレンジのひもを、対角線の方向にループを作ります。
Hurricane_Bracelets09
黒ひもの右端をオレンジフープの後面に通し、黒ひもの左端をオレンジフープの前面に通します。
Hurricane_Bracelets10
写真のように4枚を引っぱります。
Hurricane_Bracelets11
このパターンを繰り返します。
Hurricane_Bracelets12
ブレスレットが手首の周りに収まるような十分な長さになったら、終わり端の4つ全てのひもを結びます。その後、留め具をもう一方の端に通します。
Hurricane_Bracelets013
もう一度結び目を作り、両端を整えます。
Hurricane_Bracelets14
完成です!
Hurricane_Bracelets01

どうですか!ちょっと慣れれば夢中になって編めること間違いなしですね!子供も夢中になりそうです。好きな色のランヤードで、楽しみながら編んでみてくださいね。