DIYマクラメ編みタンクトップの作り方

無地のタンクトップを使って、マクラメ編みのオシャレなタンクトップに変身させる方法をご紹介します。

マクラメ編みとは
装飾的に編みこむ方法で、ひもを結んで作るクラフト全般のことを言います。
これらはヒッピーファッションの定番でした。それが財布からプラントハンガーまで、どこにでも見られるようになりました。しばらくの間、この傾向は影を潜めていましたが、ディオールやグッチ、ロベルトカヴァリといった2011年春コレクションで再び注目を浴びます。それからかぎ針編みやマクラメ編みは夏のボヘミアンスタイルの定番になりました。
macrame_tanktop01

必要なもの

  • 大きめのタンクトップ
  • ファブリック用はさみ

作り方

[トリム]
タンクトップの全ての縁を切り整えます。

[測定]
フリンジにしたい長さを測定します。もし通常のブラジャーを着用したい場合は、ブラジャーラインより下にしなければいけません。この測定をシャツ全体にチョークの線を引いてもいいです。カットしたすべての長さが同じ長さか確認してください。
macrame_tanktop02

[測定]
好きな幅に測定しカットします。ここでは約1/4インチ(約0.5cm)ほどの幅で作りました。また切り込みは、それぞれが結ぶパートナーを持てるように偶数になっていることを確認してください。

[カット]
描いたラインまで慎重に切り込みをカットします。

[結ぶ]
下記の図に従うように結び目を作ります。右側の紐をピンと張ったまま、左の紐を回り込ませます。同じことを2回行うと、画像のような小さな結び目を作れます。
macrame_tanktop03

[全ての紐を結ぶ]
同じ動作を行い、隣の紐同士を組み合わせ結び目を作ります。

[クロス&結ぶ]
十字になるように紐を取り、別の繰り返しパターンで多くの行を結び続けます。
ほぼ最後に到達したら、不均等な長さになっている紐の余分な長さを切り落とし整えます。

以上で完成です!
macrame_tanktop04

スッキリとしていて、夏らしいスタイルに仕上がりました!マクラメ編みがとても個性的で、ちょっぴりお腹が見えるセクシーなタンクトップですね。