15秒DIY:バウンスカードにもなる!調整可能な「スヌート」の作り方

カメラ女子のみなさんこんにちは。「スヌート」というライティング機材を知っていますか?

スヌートとは、ストロボ光をスポットライトのように当てるもので、買うとかなり高い機材です。ということで、ここはもちろんDIYで自作してしまいましょう。今回は調整可能なスヌートの作り方を紹介します。

camera_adjustable_snoot01

必要なもの

  • 2 9″x12″(約84×30cm)の発泡シート 白&黒 各1枚 ※
  • マジックテープ 約1.3m

※画材店などで購入できます。プレーンのものか、片面が粘着質のものか選べます。ここではプレーンの黒と、片面粘着質の白を使用しています。

camera_adjustable_snoot02

作り方

ここでは単純に白の接着面の裏紙を剥がし、その上に黒のシートを置いて、2枚一緒にしっかりと押します。これらは、曲げるとしわまたは歪むすることなく一緒に曲げることができます。

その後、マジックテープを、フラッシュヘッドをしっかりと包み込むのに十分な長さを2本切ります。

・・・出来上がり!めちゃめちゃ簡単です!所要時間:約15-30秒ヽ(`▽´)ノ
camera_adjustable_snoot03

このスヌートの最もよい部分は、調整可能であるということです。通常は、シリンダーにそれを巻き、マジックテープでそれぞれの端を固定します。
タイトに使いたい場合は、円錐形にそれを巻きつけます。この方法は非常にタイトな光の点を得ることができます。
camera_adjustable_snoot04
camera_adjustable_snoot05

もう一つ追加された機能は、それがバウンスカードとしても使用することができることです!
シンプルにフラッシュヘッド周りの一端に上向きに巻き、もう一方の端はそのまま。即席バウンスカードの完成です。
camera_adjustable_snoot06

購入すると高価ですが、作れば安価で、しかもとっても簡単!さらに、バウンスカードとしても使えるなんて、とっても便利!
カメラのバックに入れておいてもかさばらないので、カメラ女子なら、ぜひ一つバックに入れておきたい一品ですね。