DIY超簡単なモダン授乳ケープの作り方

妊婦さんは公共の場で授乳する時、とても困りますよね。人目のあるところではなかなか授乳できないし、よくあるフロントのみの授乳ケープだと、洋服によっては背中が見えてしまうので嫌だという人もいるのではないでしょうか。

このタイプの授乳ケープは背中をカバーし、見た目も授乳ケープとわからないほどオシャレです。作り方はとっても簡単。1直線にカットし、1本の直線を縫うだけなので、裁縫が苦手な人でもできますよ。

nursingshawl01

必要なもの

  • 約1mのニット生地※
  • 同じ色の糸
  • はさみ
  • ピン
  • メジャー

※生地は赤ちゃんが眠れる暗い黒を選択しています。

作り方

まず生地を半分に折ります。ここでは折りたたんだ長さが丁度30インチ(約75cm)になったのでカットする必要は無かったそうです。長さはアバウトでOKです。(ここの長さはショルダーの長さになります。)
次にもう一辺を長さ25インチ(63.5cm)にカットします。切断する前に2枚の布をピンで固定してずれないようにします。(ここの長さはケープの長さになるので、長めが良い場合はもっと長めに長さを取ってカットすると良いでしょう。)
nursingshawl03
一辺が折り重なって、約75×63.5cm(30″×25″)の長さになればOKです。
nursingshawl05
ネックホールを作ります。右辺を繋がっている側から13インチ(約33cm)に測り印をつけ、ピンで固定して残りの長さをミシンで縫います。
nursingshawl07
完成です!
nursingshawl08
nursingshawl09

* * *
ニット生地なのでほつれる心配がないので、端の処理はしなくて大丈夫です。出来上がりは左右非対称になります。

出産祝いなどに友人に贈ると喜ばれるギフトにもなるんじゃないでしょうか。とってもオシャレでステキな授乳ケープなので、色違いでいくつか作るとさらにオシャレかもしれません。