厚みのある本で作る「ブックセーフ」の作り方

こんにちは!前回カバーブックの作り方を紹介しましたが、その本を使ってブックセーフを作る作り方を紹介します。
前回の記事:お気に入りの布を使ったカバーブック

book_safe01

必要なもの

  • 厚みのある本
  • Matte Mod Podge※
  • 定規
  • ペン
  • ナイフ
  • 厚紙
  • はさみ
  • サンドペーパー

※Matte Mod Podge(モッドポッジ/マット)はアメリカで売られている接着剤です。代用品として木工用ボンドを薄めたものを使用すると良いと思います。
ホームメイドのモッドポッジの作り方はこちら⇒ ホームメイド”MOD PODGE”(つや消し/光沢仕上げ)の作り方
book_safe02

作り方

1:内側に空洞を作りたいところに印をつけます。少なくとも端から3/4インチ(約2cm)の厚さを残します。
book_safe03
2:ナイフと定規を使って、先ほど書いた印の上からページを切り取ります。L字型の定規を使うと角を切り取る時便利です。
book_safe04
3:最後のページに近くなったら、表紙と切り取るページの間に厚紙を入れます。これは本の表紙を切ってしまうのを防ぎます。
book_safe05
4:切り終えたら、粗い部分をハサミやサンドペーパーを使って切り取ったり削ったりして整えます。
book_safe06
5:次にページを接着します。ここでは切り取った本の内部と外部の両方のページの端に沿ってモッドポッジを塗りました。(木工用ボンドを薄めたものを使うと良いです。)ここでシワにならないように少量を付けることが重要です。
book_safe07
6:接着面がくっつかないように、糊付けしたページと本の表紙の間にワックスペーパーをはさみます。またページが平らに乾燥するように圧力を加えるために、上にいくつかの重い本を積み重ねます。
(注:しっかりとページを一緒に接着するために、何度か糊付けを行う必要があります。糊付けを行った後は、毎回必ず乾燥させてから再度行ってください。)
book_safe08

完成です。
book_safe09

カバーしていない本を使うと、本棚に入れておけば完全にわからないですね。
鍵や印鑑など、大事なものを入れておくのに良いですよ!