古いCDを使ったCDアート

古いCDやDVDが自宅に余ってたりしますよね。失敗したCDやエラーになったものなど、大量に不要になったCDが大量にあるという人もいるかもしれません。
今回はそれら古いCDを消費する、面白いアイデアを紹介します。
cd_art01

必要なもの

  • 古いCD(何でも)
  • アクリル絵の具(暗い色がオススメ)
  • ペイントブラシ
  • 鉛筆
  • 傷つけるために鋭い先端のもの(ここではドライバーを使用)
  • BLU・TACK(ブル・タック)(オプション)

cd_art02

作り方

CDの裏の光沢面にアクリルの色を塗ります。ここでは黒色を使用しています。
後で塗料がすぐに削られやすいので、必ず塗料を厚く塗ってください。その後乾かします。
cd_art03
塗料を縫った面に鉛筆で好みのデザインを描きます。
cd_art04
ドライバーなどを使って、デザインの輪郭に沿って塗料を削っていきます。光沢面に傷を付けないように、力強く削らないようにしてください。
またより面白くするために、デザインの内側を削ることもできます。
cd_art05
BLU・TACK(ブル・タック)などを使用して、壁に完成したCDアートを飾りましょう。
cd_art06
cd_art07
CDの裏面は、光が当たると虹色に輝くので、美しい光が反射するアートになります。
簡単なので子供もできるアートです。壁に飾って楽しみましょう。

BLU・TACK(ブル・タック)
両面テープや画鋲・マグネットが使用出来ない所に、汚れ・キズを残さないで使える粘着ラバー。
繰り返し使えて経済的。
海外ではよく使われている粘着ラバーです。