手作りサーファーポンチョに着替えてサマーキッズに変身!

子供ってこういう変身グッズ大好きですよね。これなら思いっきり外で汚しても大丈夫。
カラフルなタオルを使えば個性が出ていいですね。

surfers_poncho01surfers_poncho02

必要なもの

  • 大きなタオル(バスタオルなど)
  • ハンドタオル(この場合フードを作るのに必要なので、同色のがいいと思います)
  • ミシン

作り方

STEP1:
ハンドタオルを半分に折ります。タオルの端や柄の端をつかって時間を節約しましょう。
パターンを下に置きピンで留めます。テンプレートはないので、子供の頭のサイズを測り、画像のような型紙を作ります。
surfers_poncho03

STEP2:
フード部分を切り取ります。縫い代用に少し余分にカットします。
surfers_poncho04

STEP3:
矢印の外側の端を縫います。
(参照サイトでは、1/4インチ(約0.5cm)をジグザグ縫いで縫い、直線折り返しをかけています)
surfers_poncho05

STEP4:
ポンチョ形になるように大型タオルを半分に折ります。その時、折った側の端の中心がわかるようにしておきます。定規を使って正確に印を付けてもいいですが、一度半分に折ってピンで印を付けるだけでもいいです。
surfers_poncho06

STEP5:
シャツの首の穴を利用して、首の開口部用のパターンを作ります。この場合もだいたいの見た目で大きさを見積もって快適な大きさにしてください。
surfers_poncho07
surfers_poncho08

STEP6:
首の開口部を開き、楕円の前方(ポンチョの前方になる側)の端にピンを止めて固定し、エッジの周りの1/4インチ(約o.5cm)を縫います。
(参照サイトではジグザグ縫いと、その後直線縫いを行っているそうです。ジグザグ縫いは後方面ですね。)
surfers_poncho09
surfers_poncho10

STEP7:
後方と首の開口部の楕円の中心部にピンで印を付けてそれらを合わせます。ピンでポンチョとフードを融合部が右側になるように一緒に留めます。
surfers_poncho11
surfers_poncho12

STEP8:
フード側を上にしてフードとポンチョを端から1/4インチ(0.5cm)で縫い合わせます。
(参照サイトではジグザグ縫いと直線折り返しで縫ってあります。)
surfers_poncho13

STEP9:
ポケットを取り付けます。パターンは大きさを見て作ってください。
(参照サイトでは子供のスウェットシャツからパターンを取ったそうです)
surfers_poncho14

STEP10:
縫い代に少し余白を残して切り取り、矢印があるところの端を下に折り込み、端を縫います。
surfers_poncho15

STEP11:
ポケットを取り付けたい位置へ置いてください。そしてポケットの上部をその場で押さえ、ポケットをフードの方へ裏返します。この際、ポケット側の端を右側にして一緒の向きになるようにしてください。その上を1/4インチ(約0.5cm)で縫います。それはポケット底の縫い目のように見えます。
surfers_poncho16

STEP12:
トップを縫い付けたら、それを下に折り、矢印のところの底部を縫います。ポケット用の穴が開いたままにしておきます。
surfers_poncho17

完成です!
surfers_poncho18

surfers_poncho19

子供のスイミングの後にも良さそうです。
これ一枚羽織らせればすぐに水気を取ってくれそうですね!

Thank you for “Summer Social” Guest Project — The Surfer’s Poncho {tutorial}