自家製スズメバチトラップ

BBQの際や野外に出かけたとき、食べ物やジュースの匂いに誘われて、ハチが寄ってきて迷惑したことはないですか?ジュースやお菓子の匂いって、甘くてハチを呼び寄せてしまうんですよね。むやみに騒がなければ大丈夫とわかっていても、ハチだとやっぱり怖いですよね。

そんなハチ(ここでは主にスズメバチのこと)を、トラップを仕掛けて退治する方法を紹介します。

wasp_trap01

必要なもの

  • ペットボトル
  • テープ
  • はさみ
  • えさ(砂糖水、ジュース、ビール、ソーダなど)

作り方

1 :プラスチックボトルを首からカットします。

2 :ボトルのキャップを外し、首を逆さまにして、カットした部分をボトル開口部に配置します。

3 :梱包テープやダクトテープを使用して留めます。

4 :えさを仕掛けます。最も簡単なのは砂糖と水ですが、スズメバチはタンパク質にも引き寄せられるので、肉は春と初夏にはうまく働きます。または他のオプションとして砂糖と水、水と酢、ビール、ソーダ、洗濯洗剤も使用できます。トラップの急な端に沿ってワセリンや食用油を塗ると、ハチたちが穴に落ちていきます。

5 :ひもかテープ、もしくはネジででそれを吊るし、トラップを掛けます。

6 :トラップを空にします。 – しかし最初に、熱湯を注ぐか凍結させて、スズメバチが死んでいることを確認してからにしてください。
ここでは個人的にトラップを処分し、新しいものを作りました。

注意:このトラップは、あなたの子供やペットがいる場所から距離を置いて配置してください。

これは見た目が気持ち悪いですが、はっきりと動作するトラップです。スズメバチは、ボトルの中に閉じ込められて出られなく死んでしまいます。
これはスズメバチを最小限に抑えることができますが、ハチを確実に排除する唯一の方法は、彼らの巣を取り除いたり、女王を殺すことです。これらは危険なので、むやみに行わないでください。ここではあくまでも臨時的にスズメバチを退治する方法です。